横浜中華街は兵庫に似ている

横浜中華街は一般が食する中華料理の専門の販売店ですのでショッピングなどの、ついでに立ち寄ることが出来ます。
中華料理のファンは多いですが国民性として麺類が好きな事ですもで全国の、どの地方を観光などで訪問しても目にする事が出来ます。

昼の空腹時間になれば客が多い時間帯ですが待ち時間が合っても待ち、空腹を満たします。
様々な中華料理のメニューがありますが好きな料理を選んで満足に食する事ができ楽しい食事の時間になります。
我が国の中華料理は我が国ようにアレンジしている事ですが本場の台湾や中国とは料理の内容が違うようです。

また料理の鍋でもちがいますが中国の場合は鍋の取り手がない鍋を使用する店があります。火傷の心配がありますが布を使って皿に盛り付けをしています。
横浜中華街に似た商店の1画がありますが神戸の元町にある中華街です。中国の正月に当たる日は様々な催しがあります。観光客は、その催しを目当てにする人も多いですので、その日は地元の人や観光客を交えて活気のある街に変わります。そのような事で横花中華街と神戸中華街は台湾人や中国人が集結している街と言う事になります。

戦後から2つの町に中国人が集結している街という事ですが戦後に残った中国人と華僑という事になります。

私も中華料理が好きな1人ですので元町に出かけた時は必ず中華料理のラーメンやポーズ(肉まん、豚まん)を口にします。隣国ですので食べ物が似ていますので影響があると思いますが値段が安い事が庶民の味になっています。
しかし中国料理の専門店に行けば高価な1品料理(1万円を超える)が取り揃えています。